※上記ベスト短歌含め全18首のコラボ作品をご覧ください。。">

コラボフォト短歌012.
カメラマン 草間大輔の写真×短歌

コラボフォト短歌:草間大輔

左右の白いナビゲーション<>にて全18首がお楽しみいただけます。
また気に入った作品にはページ下部のコメント欄「へ」マークにて(いいね)が残せますのでご利用ください。

編集後記 //
カメラマン草間大輔さんが選んだベストコラボ短歌は、なんと今回も2回目の受賞の方でした。唯一のコラボフォト短歌皆勤賞でもある ゆんふぁさん の作品です。おめでとうございます!

作品は、ビル群を背景に自転車で走る一人の男性、その対比をクールに切り取ったこの写真に“熱”を与えてくれているようです。
限りある一日を毎日どう進んでいくか。その一日一日が人生を作っていくんだよなと、私はこのフォト短歌に改めて気がつかされました。みなさんは何を感じるでしょうか。
| 写真作者 Profile
Name 草間大輔
From 東京都
Work カメラマン
Activity 商品撮影
Contact Facebook:daisuke kusama
Comment 自分の写真でみなさんが楽しんでもらえたらうれしいです。
Choice Comment 短歌を選ぶにあたって、写真の人物が、何かに向かう姿が想像できる、向かおうとしている事を詠んでくれたもの、中でもゆんふぁさんの詩は冷やかに感じる街の中でしっかりと自分の思う方向にひたすら進んでいく雰囲気が伝わってきたので選ばせてもらいました。一枚の写真が言葉と繋がって広がりをもっていくようで楽しめました!

Comment

| 短歌作者 Profile(募集中)
Name ゆんふぁ
From 奈良県
Work 金融機関職員
Activity
Contact Twitter:@yyyyyyukaaaaaaa
Comment ビル街をスーツ姿で走る男性。少し憂鬱な朝の通勤の印象でしたが、この景色にもいずれ夕焼けがさし日が暮れる…そんな時間の流れを詠んでみました!写真がスタイリッシュなので堅苦しくない歌を意識したつもりです。写真のイメージを膨らませる歌であれば嬉しいです!ありがとうございます。

※写真・短歌の無断転載禁止です。

下記コメント欄でも全作品がご覧いただけます。
気に入った作品には「へ」マークにて(いいね)が残せますのでどうぞご利用ください。

  • http://tsumugi-gokko.com/ つむぎごっこ

    ★この写真に短歌を付けてみませんか?
    この写真そのものがお題です。
    応募作品の中から写真の作者に気に入ったものを1作品選んでいただき、
    コラボフォト短歌のベストコラボ作品を完成させます。
    選ばれなかった作品もコラボフォト短歌集として残していきますので、是非ご参加ください。

       「コラボフォト短歌」についてはこちらをご覧ください
       ⇒http://tsumugi-gokko.com/collabo-phototanka/about_collabophototanka

    【締め切り】
    2013/10/13(土)24時まで ※応募が5作品に満たない場合は延長します。

    【厳守】
    ・短歌はオリジナル作品で!

    【投稿方法】しっかり読んでください!
    ・コメント欄からコメントする形で、1コメントに1首で投稿してください。
    ・投稿数は今回より1人3首までとします。4首以上の場合は4首目より削除します。
     入れ替えたい場合は投稿済みの作品を削除してから増やしてください。
     ※ご自身の中で選をするのも一つの創作と思いますので今回より制限を付けさせていただきました。
      また歌意が同じものの微妙な言い回し違いの作品は一つに絞ってください。
    ・短歌に対する説明は原則なし。短歌のみを記載ください。
    ・特別なこだわりがない限り、横1行or2行までで記載していただけると助かります。
     作品展示の際はスペースの関係上改行はできませんのでご了承ください。
    ・あまりに似た作品は早いものがちです。
    ・サロン主宰者の観点から不適切と判断した作品は予告なく削除致します。ご了承ください。

    <コメント機能について>
    ・名前とメアドは必須ですが、このコメントシステム(DISQUS)に登録したくない方は
     「I’d rather post as guest」をチェックして投稿ください。
    ・各種SNSなどのIDで登録しますとそのアイコンが表示されますし変えることもできます。
     (自分の名前クリック→プロフィール編集→Avatar)
     また自分のコメントや表示名を編集できます。
    ・共有よりTwitterなどにその短歌がTweetできます。ご利用ください。※ただし批判はNG
    ・「へ」マークは「いいね」的にお使いいただけます。※逆さのマークは使用禁止です。

    【注意点】
    ・選ばれた方には連絡を取りコメントをいただきます。
    ・連絡が取れなかった場合は辞退とみなします。
    (Gmailからご連絡しますので、携帯アドレスでご登録の方は受信設定にご注意ください)

    !質問はこのコメントへの「返信」よりお願いします!

  • ゆんふぁ

    見てるのか見られているのか走るのか走らされているのか今朝とて

  • Tosie Hayasi

    目を覚ましホテルの窓の外(と)を見れば早もひと日の動き出しゐる

  • みなま

    にんげんって狭苦しいとこ住んでるな 痛っ 尾びれになんかささった

  • ゆんふぁ

    なにもかも不安にゆらゆら揺れていてUFOは来ないメトロポリタン

  • Tosie Hayasi

    どのビルの窓にも生活(たつき)の潜むらん働くひと世の縮図なるかや

  • 中牧正太

    待てばいいやがて結露がとかすまで 人などいない街 紙芝居

  • 北城椿貴

    鉄道が空を飛んでくこの街で僕は独りぼっちを愛した

  • 北城椿貴

    君が撮る写真はいつもモノクロで僕はいっつも真っ黒になる

  • けちゃそば

    もし君が27時間になりそうなら 風をあびて戻って欲しい

  • キラキラヒカル

    パノラマを両手のLで切り取ってなお聞こえくる日々の雑踏

  • ゆんふぁ

    いずれかは夕闇こめて闇になるそうなる前に。そうなる前に…!

  • クニコ

    それぞれにデジャヴのような朝が来て間違い探しの今日がはじまる

  • 悠(ゆう)

    箱庭に溶け込むシャツと革靴でまだ見ぬ有彩色を探す

  • クニコ

    叫んでも息を潜める大都会 ゴジラ目線の僕らはちっぽけ

  • 柊木えい

    饒舌に噂をうたうこの街で 物も言えない僕は生きてく

  • はらだ

    「棺だよ、むかし滅びた人々の」モニター越しに故郷を語る

  • 大瀧 万悠

    同じ道 あなたがいないだけの道 無機質な街 早く来い明日

  • 大瀧 万悠

    歩みゆく向きさえ揃えさせられし「都会」なる場所は脱穀機か