コラボフォト短歌015.
写真家 早苗久美子の写真×短歌

コラボフォト短歌写真:早苗久美子

左右の白いナビゲーション<>にて全22首がお楽しみいただけます。
また気に入った作品にはページ下部のコメント欄「へ」マークにて(いいね)が残せますのでご利用ください。

編集後記 //
ご自身でも「写真と言葉」をテーマに活動されている写真家 早苗久美子さんが選んだベストコラボ短歌は、前回に引き続き連続受賞の詠伝さんの作品でした。おめでとうございます!

今回出展いただいたお写真はご本人の手焼きプリントによるものでした。結局それを画面上(デジタルの世界)で見ているわけではありますが、手焼きだからこそのご本人の意思が詰まった深みや優しさが滲み出ている作品だなと素人ながらに感じていました。

そんな“もの言うお写真”にどのような短歌をつけるか。私自身も詠み手としてとても楽しませていただいたのですが、ベストに選ばれた短歌もその他の作品も、手焼きのように時間をかけてゆっくりと味わいたいような作品が集まったように思います。今回もたくさんの素敵な作品をありがとうございました!

みなさんもそれぞれにお好みのコラボ作品を見つけてくださいね。

| 写真作者 Profile
Name 早苗久美子
From 東京都
Work 写真家
Activity 2008年より作品を作りはじめ、写真家として活動。 写真専門ギャラリー NADAR/TOKYO マネージャ。
Contact WEBサイト:草原の夢 Mail:kumiko[at]k-sanae.net
Comment 「写真と言葉」 私の大切にしているテーマのひとつです。
Choice Comment 切ないという感情は美しい、私はいつもそう思っています。作品にも、そんな想いを込めています。
今回選ばせていただいた短歌からは、追憶の切なさと、決して失われることのない希望を感じました。
切ないことのない人生はきっと味気ない。そう信じられる美しい言葉を紡いでいただけて嬉しいです。
| 短歌作者 Profile
Name 詠伝
From 北海道
Work 団体職員
Activity おもに和歌投稿サイト「うたのわ」にて短歌なぞ詠んでおります
Contact
Comment 過去はその喪失感ゆえ、憧れや美しさを感じるのではないでしょうか。しかし記憶の風化もまた必然であり、過去との別離を惜しむばかりでなく未来である「ひかり」に目を向けることも大切だと早苗さんのお写真から感じました。郷愁と希望、二つの想いに浸してくれる作品の言葉として選んで頂き感謝申し上げます。

※写真・短歌の無断転載禁止です。

気に入った作品には「へ」マークにて(いいね)が残せますのでどうぞご利用ください。

  • http://tsumugi-gokko.com/ つむぎごっこ

    ★このお写真に短歌を付けてみませんか?
    応募作品の中から写真の作者に1作品選んでいただき、
    コラボフォト短歌のベストコラボ作品を完成させます。
    その他全投稿作品もコラボフォト短歌集として残していきますので、是非ご参加ください。

       「コラボフォト短歌」についてはこちらをご覧ください
       ⇒http://tsumugi-gokko.com/collabo-phototanka/about_collabophototanka

    【締め切り】
    2014/4/30(水)24時まで  ※応募が5作品に満たない場合は延長します。

    【厳守】
    ・短歌はオリジナル作品で!

     必ず著作権・プライバシーポリシーについてをご確認・ご了承の上ご参加下さい。

    【投稿方法】
    ・コメント欄からコメントする形で投稿してください。
    ・投稿は1人3作品まで。1コメントに1作品で投稿してください。
    ・短歌に対する説明は原則なし。短歌のみを記載ください。
    ・特別なこだわりがない限り、横一行or2行までで記載していただけると助かります。
     1マス空けなども表現の一つなので記載の通りに残します。
    ・あまりに似た作品は早いものがちです。
    ・サロン主宰者の観点から不適切と判断した作品は予告なく削除致します。ご了承ください。

    <コメント機能について>
    ・名前とメアドは必須ですが、このコメントシステム(DISQUS)に登録したくない方は
     「I’d rather post as guest」をチェックして投稿ください。
    ・各種SNSなどのIDで登録しますとそのアイコンが表示されますし変えることもできます。
     (自分の名前クリック→プロフィール編集→Avatar)
     また自分のコメントや表示名を編集できます。
    ・共有よりTwitterなどにその短歌がTweetできます。ご利用ください。※ただし批判はNG
    ・「へ」マークは「いいね」的にお使いいただけます。※逆さのマークは使用禁止です。

    【注意点】
    ・選ばれた方には連絡を取りコメントをいただきます。
    ・連絡が取れなかった場合は辞退とみなします。
    (Gmailからご連絡しますので、携帯アドレスでご登録の方は受信設定にご注意ください)

    !質問はこのコメントへの「返信」よりお願いします!

    • Guest

      揺紺の時の狭間の幻想に 影絵となりし眠らる枝葉

      • 奈月遥

        すみません、やり方がわからないままに投稿してしまい、削除しようとしましたが、残ってしまいました。
        どうすればよろしいでしょうか?

  • 詠伝

    満足に及ばぬ五指より擦り抜けて君と記憶は夜闇に染まりき

  • ちゃむ

    夕闇は罪を隠してくれるから生まれる前の心に還る

  • 北城 椿貴@短歌勉強中

    明け方の気配は徐々に迫り来て 君の寝息がかすかにゆれる

  • 北城 椿貴@短歌勉強中

    藍色が深くなるほど憂鬱で 悠久にも似た 甘いかなしみ

  • 北城 椿貴@短歌勉強中

    家事をして電気を消して服を脱ぎ ベランダへ出て夜をとりこむ

  • 透明

    振り返りトロイメライの頬笑みで「また会おうね」と消えた恋人

  • 詠伝

    追憶の窓は端より溶け出してそのとき遠くにひかりがみえた

  • 奈月遥

    揺紺の時の狭間の幻想に 影絵となりし眠らる枝葉

  • 梁川 梨里

    色を消す逢魔が時がやってきて空や地上に灯されるモノ

  • つぶやき短歌♥K

    温かな光の家で七人の小人の家族はトランプゲーム

  • 紀水章生

    はつかなる記憶のゆらぎ恋人を沈めたままの空ひんやりと

  • 村田馨

    夕闇がまもなく町を支配するきのうの君はどこに行ったか

  • りこぴん

    薄藍の空を見上げて君想う二人で歩いた春の夕暮れ

  • 真麻

    君の瞳に 映る楓の色は墨 光る空には目もくれぬまま

  • 田島綾

    昇りゆく朝陽に涙も照らされてゆっくり前へと進めよ私

  • りく

    からっぽの心かかえて今日もまた 道端の草に手をのばしてみる

  • 真麻

    見上げれば 宵の景色に 凪と星 香りの中に幻の君

  • 真麻

    追いかけた 光や夢はつくられた いつわりの中 求め続ける。

  • クニコ

    夕飯の匂いはひどくあたたかかい一人の私を追い詰めるよに

  • クニコ

    なんでもない一日だったなんでもない些細な空が君を募らす

  • あんず

    花弁でも雌しべでもなくって、もっと奥、わたしの家よ一緒にかえる?

  • http://renga57577.bbs.fc2.com/ のの

    帰らないヘイケボタルも弟も夏が始まりそうになっても