※上記ベスト短歌含め全19首のコラボ作品をご覧ください。">

コラボフォト短歌001.
写真と言葉作家 クニコの写真 × 短歌

001_Qunico

左右の白い<>ナビゲーションにて全19首がお楽しみいただけます。
また気に入った作品にはページ下部のコメント欄「へ」マークにて(いいね)が残せますのでご利用ください。

編集後記 //
ついに、コラボ♥フォト短歌の記念すべき第1作目が完成!
この写真の作家(ワタクシ!)が選んだベストコラボ短歌作品は九条はじめさんの短歌です!
優しい気持ちになれるこのフォト短歌をご堪能ください。
| 写真作者 Profile
Name クニコ
From 東京
Work 写真と言葉(つむぎごっこ主宰)
Activity 写真と短歌であそぶサロン「つむぎごっこ」主宰。写真だけでなく写真と言葉による表現を中心にマイペースに活動中。
Contact WEBサイト:写真と短歌であそぶWEBサロン”つむぎごっこ” Twitter:@tsumugigokko
Comment 自らすみません。散々悩んだ挙句、大好きな猫写真で。どんな短歌を付けてもらえるのかとワクワクしています。iPhoneで撮影。
Choice Comment たくさんの魅力的な作品に贅沢な選の苦しみを味わいました。皆さまありがとうございました。
今回は私自身が撮影したときの気持ちとリンクする、見守るような大人の眼差しがすっと心に入ってきたこの歌を選ばせていただきました。詠む側も優しい気持ちになれるところが一番好きです。
| 短歌作者 Profile (ベストコラボ作品)
Name 九条はじめ
From 埼玉県
Work 歌詠み
Activity 短歌とコピーを傍らに
Contact Twitter:@hajime_kujo
Comment どんな気持ちでシャッターを押したのだろう、誰にどんなことを伝えたかったのだろう、そんなことを考えながら、今回の歌を詠みました。写真から広がる無限の世界に、短歌という言葉でピントを合わせる、それがフォト短歌だと思っています。想いを形にするってやっぱり素敵ですね。

※写真・短歌の無断転載禁止です。

下記コメント欄でも全作品がご覧いただけます。
気に入った作品には「へ」マークにて(いいね)が残せますのでどうぞご利用ください。

  • http://tsumugi-gokko.com/ tsumugi-gokko

    コラボ♥フォト短歌集

    この写真をお題に詠まれた、全てのコラボフォト短歌作品です。
    色とりどりの歌々を写真と合わせてお楽しみください。
    あなたの中のベストコラボ作品はどれですか?

  • 鈴木晴香

    雨が降り始める刹那ほとばしる香りを吸い込みたくて 一緒に

  • 翠松

    容易くも 越えうる柵の 内にこそ 案ずる想いを 受けて安らぎ

  • http://jikannyotomare.seesaa.net/ 兵站戦線

    昼近くようやく夜が消えてゆく時間が溶けてまっさらになる

  • http://www.magadha.net/horyu/ 小山芳立

    猫だけが残つたぼくのベランダは青もあかねも取りもどせない

  • http://twitter.com/aofukugoori 太田宣子

    ほかの猫(こ)を見てるあなたの肩幅が夏でしたそれはもう夏でした

  • 琴平葉一

    ベランダにはためく夏のなきがらをあつめてきみはヒトに近づく

  • 大瀧 万悠

    デート中覗いてごめん、驚いた?君にゃ首環はしないよ君にゃ。

  • http://twitter.com/yukimura_neko 雪村ねこ (@yukimura_neko)

    気づかない フリしてること 気づいてよ 気づいた上で 好きだと言って

  • 九条はじめ(@hajime_kujo)

    ごめんねと言えたらいいねキミの目にうつる世界が優しいのなら

  • 白桂

    声のみが柵の隙間を流れゆく越ええぬ柵を持つ身にあれば

  • 加田すなづき

    旅立ちはいつもひとりだ たとえそこに何があっても、何もなくても

  • 魚住蓮奈

    さよならの方がやさしい秋風のしっぽを掴んでしまった手より

  • ray

    ねえあそぼ 艶めくとかげのギラギラに夢中なきみは愛をしらない

  • ゆんふぁ

    君はクロ?いいやチャイロさ。君はアカ?そうさ燃ゆる恋のアカだよ。

  • http://twitter.com/Michika_sakai サカイミチカ (@Michika_sakai)

    呼ぶ声のけがれを濯ぐ白い箱ボクの存在まで消さないで

  • ゆんふぁ

    君こそが隠れてるでしょ世界から。猫背をピンとさせておいでよ。

  • 奥村沙織

    格子越し目があったのは青空の下「だったかもしれない」僕ら

  • 紫苑

    見つめゐる目が吾を縛る 夏空にひこうき雲はなにか淋しい

  • http://renga57577.bbs.fc2.com/ 連歌の花道の管理人

    放課後を告げる鐘の音流れてもひとつ足りない影が気になる