※上記ベスト短歌含め全12首のコラボ作品をご覧ください。">

コラボフォト短歌007.
Twitter俳人 タケウマの写真 × 短歌

コラボフォト短歌写真:タケウマ

左右の白い<>ナビゲーションにて全12首がお楽しみいただけます。
また気に入った作品にはページ下部のコメント欄「へ」マークにて(いいね)が残せますのでご利用ください。

編集後記 //
はTwitter俳人のタケウマさんの写真に歌人が歌を詠むというとても面白い回になった今回。ベストコラボ短歌作品としてタケウマさんが選んだ相方は、大喜利兼短歌人のmiyafiさんです!(ややこしい笑)
そんな二人が創り上げたのは、暑くても夏を楽しんでいる子供たちの様子が浮かぶ活き活きとした作品です。夏休みを思い出します(遠い昔の…)。
| 写真作者 Profile
Name タケウマ(ときどきくずカエル)
Work Twitter俳人
Activity Twitter上で韻文ツイートをしてます♪ 自由律な会「ア・ぽろん」会員。
Contact Twitter:@take575
Comment 気ままに歩いてテキトーに撮った散歩写真です。
なにか短歌の種を見つけてくれたらうれしいです♪
Choice Comment もときとまさとにたくさんの歌を寄せていただき、ありがとうございました♪ どの作品も捨てがたかったのですが、募集期間中の暑い季節が一番伝わってくる作品を選びました。思いっきり遊んで大汗をかいた二人はお風呂に入っても遊んでいるんでしょうね♪ 子どもたちの夏を満喫している表情が浮かんできます♪
| 短歌作者 Profile (ベストコラボ作品)
Name miyafi
From 大阪府
Work 大喜利兼短歌人
Activity 短歌歴半年未満。2年ほど前からネット上で大喜利を始め、言葉遊びや短文に深い世界観を織り込むなど様々な文章表現を模索していくなかで、短歌に近似性を感じ、見よう見まねで詠んでみるようになりました。
Contact Twitter:@miyayiam7
Comment この度は自分の作品を選んでくださりありがとうございました!本当に嬉しくて会う人会う人に自慢してしまいました(笑)
この作品は大人になってから「あれは特別な日々だったのだ」と思い返されるような、子供たちにとって普通の夏の一日、そんなどこか物懐かしい感じを詠み込めたらなぁなどと考えて作った歌でした。

※写真・短歌の無断転載禁止です。

下記コメント欄でも全作品がご覧いただけます。
気に入った作品には「へ」マークにて(いいね)が残せますのでどうぞご利用ください。

  • http://tsumugi-gokko.com/ tsumugi-gokko

    ★この写真に短歌を付けてみませんか?
    この写真そのものがお題です。
    応募作品の中から写真の作者に気に入ったものを1作品選んでいただき、
    コラボフォト短歌のベストコラボ作品を完成させます。
    選ばれなかった作品もコラボフォト短歌集として残していきますので、
    是非ご参加ください。

    【厳守】
    ・短歌はオリジナル作品で!

    【投稿方法】
    ・コメント欄からコメントする形で投稿してください。
    ・投稿数に制限はありませんが1コメントに1作品で投稿してください。
    ・短歌に対する説明は原則なし。短歌のみを記載ください。
    ・あまりに似た作品は早いものがちです。
    ・サロン主宰者の観点から不快感を与えると判断した作品は削除させていただく場合があります。

    【注意点】
    ・選ばれた方には連絡を取りコメントをいただきます。
    ・連絡が取れなかった場合は辞退とみなします。
    (メールの方にはGmailからご連絡しますので、携帯アドレスでご登録の方は受信設定にご注意ください)

    【締め切り】
    2013/08/23(金)24時まで 
    ※応募が5作品に満たない場合は延長します。

    !質問はこのコメントへのReply(レス)でしてください。!

  • ゆんふぁ

    ぼくたちの手から真摯にぼくたちが見つめる先の僕等はここだ

  • キラキラヒカル

    色褪せた分だけ大人に近づいてなればなるほど胸に鮮やか

  • 北大路京介

    夏休み宿題なけりゃいいのになずっと友達でいられるかな

  • 創奏~琳譜

    夏の日の「もとき」た道の陽炎が隠しゆくま「ま里」に戻りて

  • 創奏~琳譜

    ちりちりとせみの陽射しに透ける夢あの日の夏の秘密基地には

  • ruriS

    ばあちゃんは「もとき」「まさと」と名を呼んでグラジオラスに水を遣ってる

  • 長谷 裕史

    きみとママはくちびるを優しくとじて呼び合うのだ “M” のつく子らよ

  • miyafi

    真夏日を泳いだようにびしょ濡れたシャツが重なる5時半の風呂

  • 太田宣子

    まさとよりもときへ僕らはいつまでも夏の友だちばいばいまたね

  • ケイ

    あの時は「も」と「ま」,「さ」と「き」が似てるって話しで笑いあったな、確か

  • ichiei

    (もう一度絶対会おう。)十年の約束、森の東に熟れゆく

  • クニコ

    どこででも二段ベッドと同じよに分をわきまえる下の子 うふふ