※上記ベスト短歌含め全10首のコラボ作品をご覧ください。">

コラボフォト短歌008.
カメラマン 尾立の写真×短歌

コラボフォト短歌:尾立

左右の白い<>ナビゲーションにて全10首がお楽しみいただけます。
また気に入った作品にはページ下部のコメント欄「へ」マークにて(いいね)が残せますのでご利用ください。

編集後記 //
カメラマン尾立さんが選んだベストコラボ短歌は、なんとベスト短歌受賞2回目のかにっちょさんです。おめでとうございます!
お二人の感想を橋渡ししていたら、なんとかにっちょさんが写真から感じたことと尾立さんがかにっちょさんの短歌から感じたことがぴったり重なっているという、正にベストカップルのコラボと判明。なんだか自分のことのように嬉しかったです。オシャレというより御洒落。そんな二人の「粋」なフォト短歌をご覧ください。
| 写真作者 Profile
Name: 尾立
From: 東京都
Work: カメラマン
Activity: 現在修行中の新米カメラマン。
主にフードやスナップ写真を撮ってます。ポートレイトも勉強中…。
Contact: Facebook:atsumi odate
Comment: 一枚の写真から、皆さんがどんなストーリーを感じとってくださるのかとても楽しみです。
よろしくお願いします。
Choice Comment: 今回、とても素敵な歌をありがとうございました。

ちょっと小粋な鳥さんが私の憧れに近い気がして、選らばせていただきました。キリッとしたことばの中に、くすんだ景色と鮮やかな鳥のコントラストが感じられて好きです。

| 短歌作者 Profile (ベストコラボ作品)
Name: かにっちょ
From: 香川県
Work:
Activity:
Contact:
Comment: もうすぐ雨が降りそうな森の中、閉店間際のカフェで待ち人の来ない人と鳥とが一対一で対話しているのでは、などと想像を思いっきりふくらましながら詠みました。選んでくださってありがとうございました。

※写真・短歌の無断転載禁止です。

下記コメント欄でも全作品がご覧いただけます。
気に入った作品には「へ」マークにて(いいね)が残せますのでどうぞご利用ください。

  • http://tsumugi-gokko.com/ つむぎごっこ

    ★この写真に短歌を付けてみませんか?
    この写真そのものがお題です。
    応募作品の中から写真の作者に気に入ったものを1作品選んでいただき、
    コラボフォト短歌のベストコラボ作品を完成させます。
    選ばれなかった作品もコラボフォト短歌集として残していきますので、
    是非ご参加ください。

    【厳守】
    ・短歌はオリジナル作品で!

    【投稿方法】
    ・コメント欄からコメントする形で投稿してください。
    ・投稿数に制限はありませんが1コメントに1作品で投稿してください。
    ・短歌に対する説明は原則なし。短歌のみを記載ください。
    ・あまりに似た作品は早いものがちです。
    ・サロン主宰者の観点から不快感を与えると判断した作品は削除させていただく場合があります。

    ※名前とメアドは必須ですが、このコメントシステムに登録したくない方は「I’d rather post as guest」をチェックして投稿ください。
    (システムに登録しますとアイコンを変えたり、自分の複数のコメントを管理できます。)

    【注意点】
    ・選ばれた方には連絡を取りコメントをいただきます。
    ・連絡が取れなかった場合は辞退とみなします。
    (メールの方にはGmailからご連絡しますので、携帯アドレスでご登録の方は受信設定にご注意ください)

    【締め切り】
    2013/08/28(水)24時まで
    ※応募が5作品に満たない場合は延長します。

    !質問はこのコメントへの「返信」よりお願いします!

  • 琴平葉一

    名もない絵 空に憧れ飛び立てばかなしい夢にすがる他なく

  • キラキラヒカル

    恋文を綴りし赤い羽根ペンの頃の記憶はもう無いけれど

  • 長谷 裕史

    赤と青のTシャツを着たぼくたちは  鳥よ  もうこの席には来ない

  • ゆんふぁ

    君の目にうつる私を覚えてて。彼へのコトバ彼からのコトバ。

  • 太田宣子

    一点を見つむるきみの熱情を夏のをはりの基点としたり

  • 悠(ゆう)

    モノクロに別れを告げていざ翔ばんその情熱は自由を見つめ

  • かにっちょ

    紅の帽子とチョッキでめかし込み「お先に行くよ待つのは飽きた」

  • ナイス害

    マヨネーズ買い忘れてた その昔マヨという娘が君色だった

  • クニコ

    いつの日かいつの日にかとただ見つめ足りない自分にひれ伏すばかり

  • クニコ

    みんなはね気づいていないようだけど 雀の群れに紛れた王子